■ カテゴリー ■
■ Home ■
   

Pentax 35-70 を使った実験
Pentax 35-70mm F3.5-4.5 Macro このタイプのレンズは
各メーカーからフィルム時代に標準レンズとして沢山で回って
いますから、カビありのジャンク品をヤフオクなどで探せば
簡単に入手できますし、マニアが清掃での分解の仕方を
アップしていることが多いです。
ただし、Nikonの場合は、カプラ方式(カメラ内モータ)に対応
したカメラに限られます。
マウントをコロコロと変えたCanonについては何とも分かりません。
Pentaxは、どのカメラでも使用可能です。


前玉を外すとこのような形になります。
70mmの位置で最短になりますから、奥に見える絞りユニットが
付いていてもケラレることはありません。


後玉は、フランジの横に付いている3本のネジを外すとこの部分が
外れます。
これを外して、ズームを35mmの位置にすると後玉が手前に来ます。
後玉を反時計方向に回すと絞りユニットを残して後玉が外れます。
このメカを残しておくことでAEにも対応しますが、テレコンのレンズの
径が太くて入りませんので、今回は諦めました。
画像の「このレンズ」は35-70のフラン面に付いている凹レンズ?
レンズの下にある筒を反時計方向に回すとレンズが取れます。
外したレンズを筒の反対側に付け替えると1.2倍ほど焦点距離が
稼げます。
但し、クローズアップレンズの焦点距離が短く無限遠が出ません。
焦点距離の長いレンズを使ってこの形で戻せば、絞りも機能します。


Kenkoのテレコンから外したレンズをフランジに取り付けると
このようになります。


Canon C450を取り付けて試し撮りをすると青ハロも完全に消えて
素晴らしい写りをします。
プロミナーの性能を引き出してくれているように思います。


暗い場所での野鳥の色も出て、Pentax DA☆ 300mm F4より
遥かに解像をしてくれます。
AF x1.7アダプターでは、とてもこのようには写ってくれません。

次回はスコープタウンの望遠鏡用対物レンズとプロミナーへの
取り付け方法です。

   
PAGE TOP ↑