■ カテゴリー ■
■ Home ■
   

Sigma 28-80の追加テスト
Nikonのクローズアップレンズにて、青ハロが盛大に出て
しまったので、口径の小さいクローズアップレンズで試して
みることにしました。


Ziessのプロクサーと言う名称で、約25mmの口径のクローズ
アップレンズを見つけました。
焦点距離は 200,300,500,1000mmです。


口径が小さいので、AFの範囲が広く取れる 短焦点 300mm
でも大丈夫だろうと鏡筒の中に埋め込むかたちで取り付けて
みました。


結果は、かなり青ハロが少なくなるものの実用レベルには
なっていません。

望遠鏡のAF化を試したときに成績の良かった Canon C450を
取り付けたいのですが、このレンズでは鏡筒が長すぎて
無限遠がどうしても出てくれません。


それじゃと、何処のメーカーからもフィルム時代に作られていた
35-70mm F3.5-4.5 を使って見ることにしました。
この鏡筒は、長さが 50mm 口径 49mmとコンパクトです。

次回はこのレンズでの実験結果です。

   
PAGE TOP ↑