■ カテゴリー ■
■ Home ■
   

魔法の杖を使ったシャドウ補正
Paint.Netには"魔法の杖"なる選択ツールがあります。
この機能を使うと、空抜けになってしまった画像も
ある程度、見れるような画像に修正(レタッチ)が簡単に
行えます。


ツールアイコンのここをクリックします。


効果を使った補正と同じ画像ですが、空の感じを残したまま
補正が出来ます。


空の部分でクリックすると空の部分の境界が破線で点滅します。
上にある"許容範囲"のグラフを動かして、コゲラに食い込まないよう
%を調整します。


適用モードを"グローバル"にするとコゲラの内側の空も選択されます。


"編集" > "選択の切り替え" をクリックします。


空の部分の選択が解除されて、空以外が選択されます。


"写真" > "効果" > "Shadow/Highlight Recovery" をクリックして補正を
すると、空以外の部分が補正されます。


レベルやシャープネス必要ならノイズの除去をするとこのようになります。


比較画像です。
効果で画像全体を補正した画像が左側、魔法の杖を使ったのが右側です。
画像によってどちらかが良いのか? 違うと思います。
あくまでも、空の感じを残した魔法の杖の使い方なので、空の部分に
注目してください。





   
PAGE TOP ↑