■ カテゴリー ■
■ Home ■
   

基本的な補正
補正しようとする画像を必要に応じてトリミングを
しておきます。


湿度が高く、目視にも何となく靄が掛かっている感じでした。
写してみると予想とおりに締りのない画像が撮れました。


Paint.Netの基本操作である調整を行うことで、ある程度は
スッキリとした画像になります。


"調整タブ"をクリックすると調整メニューが開きます。


靄の掛かったような強すぎるブルー(B)のレベルを画像を見ながら
"入力"と"出力"のスライドバーを動かして調整します。
次に"R" "G" にもチェックを入れて全体のレベルを調整します。


コントラストも少し不足しているようなので、コントラストを強めに
調整しました。


ホワイトバランスをAWBにしたまま、急に日陰に野鳥が動いてしまう
野鳥撮影をしているとよくあるパターンの補正例です。
こちらも同様に調整をしてみました。

通常はこの操作(補正)だけで、かなり見られる画像に補正されます。
”色合い"や "鮮やかさ" など他の補正も試されて操作をマスター
して下さい。



   
PAGE TOP ↑