■ カテゴリー ■
■ 記事一覧 ■
■ Home ■
■ リンク ■
<<次の記事   前の記事>>

Windows7 システムイメージが復元できない!
PCは、Windows7対応のハード構成になっているが、どうにも
WindowsXPが好きで、使い続けていました。
年が明けるとXPのサポートが切れるのを機にWindows7にOSを
入れ替えました。

自作派は、HDDのベンチを気にしたり、SSD化を試みたりとシステム
デスクを気軽に? やりたいし、調子が悪きゃOSの再インストールが
趣味? だと思います。

先ず、Windows7と日ごろ使う、主要なアプリでどの位の容量が必要
なのかを見積もります。
今回、バックアップに必要な容量は 37GB程度でしたので、64GBの
HDDがあれば十分だと思います。
容量の大きなHDDにシステムをインストールしない
後日、SSDに入れ替える予定なので、手持ちの80GBを使うことに
しました。

Windows7と日頃使うアプリをインストールしたら、マイドキュメントを
別のドライブに移動します。
データが少なくても、安定した状態が維持できますので、移動した方が
良いようです。

エクスプローラでマイドキュメントのプロパティを開き「場所」のタブ
にあります。

移動が終わったらイメージの作成です。

コントロールパネルを開きバックアップの作成をクリックします。


システムイメージの作成をクリックします。
(下の修復デスクを選ぶとWindows7が復元に使う、起動用のCDが
作成できます)


バックアップを保存するHDDを検索して表示してくれます。
後で変更できますから、そのまま「次」に進みます。


システムイメージを保存する場所を指定します。
DVDも可能ですが、枚数が多くなり時間がかかるので、HDDが良い
と思います。
実際は、このデスク構成外にUSBのHDDを接続して、ファイルを保存
しました。


次に進みバックアップの対象を選びます。
この時、自動選択を選ぶとマイドキュメントなど大きなファイルをバック
アップされてしまいますから「自分で選択する」にチェックを入れ次に
進みます。


ここで、最低限 必要な「Cドライブ」にチェックを入れて、次に進むと
バックアップが開始され無事に終了すると思います。

さて、復元しようとすると問題が発生します。
「システムディスクの回復に使用できるディスクが見つかりません」
とメッセージが出て、復元が行われません。
これは、復元しようとするHDD(SSD)の容量がインストールしたHDDより
「容量が少ない」または「USBドライブから復元」しようとすると発生します。

対策は、PCに接続してあるデスク(データデスクなど)を一旦、取り外します。
USBからのバックアップの場合は、デバイスマネージャーをインストールする
ことで、解決できるようですが試していません。
要するに、データデスクの容量も含めて、インストールしたときのHDD容量と
同じか、それ以上の容量が必要になります。



今回は、試験的に行いましたので、500GBのHDDに復元をしました。
空き容量が多くて、何とも気持ちが良い ^^


復元が終わったら、ドライブ構成を元に戻します。

初期インストール状態で、安定しているWindows7のシステムデスクの
イメージを作成しておけば、面倒な認証も電話で取る必要が無くなり
HDDのクラッシュやSSD化も気軽に行えます。



<<次の記事   前の記事>>
PAGE TOP ↑