■ カレンダー ■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2017年05月 次月>>
■ お知らせ ■
■ 最近の記事 ■
■ ブログ カテゴリー ■
■ サイト メニュー ■
■ ダウンロード ■
■ 最近のコメント ■
■ リンク ■
■ プロフィール ■
■ その他情報 ■


■ POWERED BY ■
BLOGN(ぶろぐん)
04WebServer
<<次の記事   前の記事>>

お山の野鳥 その1
高山の野鳥さんに会いたくて、残雪の残るお山に
行ってきました。


夏日の日があっても山は未だ残雪があって、目的地に
たどり着くことが出来ませんでした。


新芽にヒガラ


新芽にコガラ


巣材を運ぶルリビタキのお母さん


近くで見守るお父さん


センダイムシクイは沢山見られました。

| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=690 |
| 野鳥 | 03:03 PM | comments (0) | trackback (0) |
キジ
田んぼを回ってシギチを探しては見るものの
今季は、遅れてる? ルートが変わった?
中々に出会えず、畦で見かけるのはキジばかりです。


カラスとキジ♀のバトル!


キジも鳴かずば撃たれまい
ディスプレイしながら鳴くので目立ちます。







| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=689 |
| 野鳥 | 10:00 AM | comments (0) | trackback (0) |
チュウシャクシギ
早場米で有名な北総地区の田んぼは田植えも早く
連休前に終わってしまいます。
田植えがちゃんと出来ているか?
チュウシャクシギが見回りに立ち寄ります。









暫く羽を休めると繁殖地のシベリアへと渡っていきます。

| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=688 |
| 野鳥 | 10:00 AM | comments (0) | trackback (0) |
初夏のチュウヒ
葦原のチュウヒもほとんど見られなくなりましたが
夏を関東で越す個体なのかな?
頭部が白いチュウヒを観察しました。









ノスリも近くにいましたので、これから北に渡るのかも
知れませんね

| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=687 |
| 野鳥 | 10:00 AM | comments (0) | trackback (0) |
デジカメの復習 その4
今回は、実際の画像での比較をしてみようと思います。
階調が曖昧な青空に薄く掛かった雲で試してみました。
ファイル形式や画像処理エンジン(アプリ)によりファイルサイズが
変わってしまいます。
※ JPEGを無圧縮にて 横1024にリサイズしています。


RAWで撮影した画像をメーカーの現像処理に左右されないよう
Raw Therapeeにて、ナチュラル現像してJPEGに変換 75KB


カメラ内現像で最高画質で JPEG 171KB
中央付近の薄っすらと見える雲が再現されていません。


上記のJPEGをPaint.Netを使って補正してみました。
モニターが安物なので、白の再現が出来ていませんが、薄っすらと
見えていた雲が再現されます。 337KB

カメラ内現像のJPEGでもRAW撮影に近い階調で記録されている
事が分かります。
要は、どのように補正をするかだと考えます。
ただ、Raw撮影して無補正にてJPEG現像するが、画像処理による
補正が加えられませんから、ファイルサイズは最小になるようです。


リサイズ超簡単Proにて 70% 圧縮 15KB
ブロックノイズが確認されます。

JPEGは、ブロックの近似した階調を一纏めにして圧縮しますから
圧縮率によって、階調の表現が損なわれ、ブロックノイズが出て
しまいます。
コピーを繰り返すと画質が低下すると良く言われますが、エクス
プローラにてのコピペでは、低下は起こりませんが、画像処理ソフト
などを経由して、リネームや上書きを繰り返すと圧縮方法の違いから
画質の低下を招きます。(不可逆)

RAWならとよく聞きますが、JPEGでもかなりの階調を記録しています。
大きな印刷物のように階調の不足が目に付く画像以外はJPEGで
十分なのかなと思いますが、カメラの設定(現像方法)を気にせずに
再現可能なファイルが必要ならRawファイルにするが良さそうです。

解像度や高ISOノイズはファイル形式に依存しませんから、RAW・
JPEGのどちらでも同じです。
こちらは、撮影環境(光)と撮像素子とレンズ次第になります。


| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=686 |
| 野鳥 | 10:00 AM | comments (0) | trackback (0) |
ヒバリなど
気温もだいぶ上がってヒバリが元気よく囀りキジも
夫婦でいる姿を見かけるようになりました。


コジュリンも綺麗な声で囀りを始めました。









| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=685 |
| 野鳥 | 10:00 AM | comments (0) | trackback (0) |
春の渡り
4月も中旬になり、シギチの渡りも本格的になった?
三番瀬と谷津干潟の様子を見てきました。


三番瀬は、潮干狩りが始まっており、干潟の大部分が
フェンスで仕切られ、大勢の人!
沖をハマシギ? 群れが飛ぶも干潟にはおりません。
人が多いせいか? サギやウミネコも見られませんでした。


谷津干潟に廻ってみると、三番瀬のハマシギの群れかな?
干潟の真ん中に降りてしまい、撮影可能な距離ではありません。


こちらは、オオソリハシシギの群れです。


コサギは冠羽が伸び、夏羽になりました。


セイタカシギは淡水池でまったとしていました。
まだ種類が少なく本格的な渡りはこれからかなぁ~

| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=681 |
| 野鳥 | 10:00 AM | comments (0) | trackback (0) |
ヒメウ
夏羽に変わる頃は姿を消してしまいますが
今季は近くにて観察できました。








真っ黒に見える羽も光の当たり具合で、もっと綺麗なのかも?

| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=680 |
| 野鳥 | 10:00 AM | comments (0) | trackback (0) |

<<次の記事   前の記事>>

PAGE TOP ↑