■ カレンダー ■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2017年10月 次月>>
■ お知らせ ■
■ 最近の記事 ■
■ ブログ カテゴリー ■
■ サイト メニュー ■
■ ダウンロード ■
■ 最近のコメント ■
■ リンク ■
■ プロフィール ■
■ その他情報 ■


■ POWERED BY ■
BLOGN(ぶろぐん)
04WebServer
   前の記事>>

天の川にチャレンジ
梅雨なのに雨が降らず!
時期的にちょうど良いので、飯岡海岸なら天の川が写せる?
期待を持って出かけてみましたが・・・・


日没後でも北西の空は明るいです。


東の空には何やら怪しげな模様、何なんでしょう?


肉眼では、天の川は殆ど見えません。


太平洋から、成田空港に着陸する飛行機は賑やかです。


21時を回っても、西~北西(東京~成田)は明るいです。
東の空(太平洋)真っ暗でも良いのですが・・・
反射してる? 闇夜にはなりません。

子供の頃は、クッキリ見えていた天の川も成田空港の
明るさで、見ることは出来なさそうです。

| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=711 |
| 写真関連 | 12:12 AM | comments (0) | trackback (0) |
Pentax DA16-45mm F4 ED
一度、天の川を写してみようかと標準より少し
短めのズームを手に入れました。
18-135mmの便利ズームも持っているのですが
殆ど使った事なしなのに。。。。


アジサイの道 遠くから望遠で撮るのと、かなり
雰囲気が違います


海岸を写してみましたが… 天の川の撮影には
画角が狭いかなぁ~


港の様子、上下をトリミングするとパノラマ見たい
な感じになり、18mmと2mmしか変わりませんが
画角は大きく違うようです。

18mm :70° 16mm: 75° 400mm:4.3°(APS-C)
普段使っている望遠の17~20倍の画角になります。

| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=708 |
| 写真関連 | 10:00 AM | comments (2) | trackback (0) |
デジカメの復習 その3
RAWのまえにPCなどで扱われる各画像形式の違いです。
カラーにするとややこしくなるので、グレースケールの
16階調と32階調にてテストします。
注)TIFFファイルはブラウザによって閲覧できません。


BMP ファイル 856KB

JPEG ファイル 54.8KB

PNG ファイル 7KB

TIFF ファイル 856KB

各ファイルの特徴などは検索して下さい。
ここでは、画像形式によるファイルサイズの違いと階調の変化を
確認できるかを試してみました。

次は256色のカラーパレットです。

JPEG ファイル 164KB


PNG ファイル 537KB


TIFF ファイル 1370MB

さて、画像形式によってファイルサイズは大きく違いますが
その差がPCのモニターで視認可能なのでしょうか?
ファイルサイズ大=必ずしも高画質ではありません。
但し、PNG形式は写真よりCGなど輪郭がはっきりした画像や
サムネイルなどに向いています。

次回は、写真を使ってJPEGの圧縮率による違いを試します。




| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=684 |
| 写真関連 | 10:10 AM | comments (0) | trackback (0) |
クイックリリースQRプレートのアイディア
昨日、届いたQRプレートの補足です。
今朝も雨なので、車用のアタッチメントを試作してみました。


車のウィンドガラスの溝に落とし込むだけで、安定して
撮影ができそうです。
形状も小さく作れますから、助手席/運転席のどちら側でも
使えます。
レベル合わせにゴム板を貼れば、車の内装に傷をつける
事もありません。
画像は、300mm F4ですが、大きなレンズでも載せるだけ
なので、負荷はそれほど掛からないと思いますし、何より
疲れないです。

形状やサイズなどは、自分の車に合わせて作れます。
試される方は、くれぐれも自己責任でお願いします。

| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=679 |
| 写真関連 | 11:36 AM | comments (0) | trackback (0) |
クイックリリースQRプレート
先日、ネットを見ているとこんな物を見つけました。
P200マンフロット501 500ah 701hdv 503hdv 7m1w 577用の
クイックリリースQRプレート

ん?これって もしかして、マンフロット(ジッツオ・ザハトラー)
共通の互換ロングプレート? しかもベースが付いている
Amazonの価格は2,100円前後、ヤフーだと 1,350円で送料無料!
中国からの発送なので、怪しいけど安いからお試しに「ぽちっ」と
してみました。
今回、購入したのはYahoo!ショッピング「STKショップ」です。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/stk-shop/51002780.html


ストアーから発送の連絡が無いまま、注文してから5日ほど経って
航空便にて届きました。


開封するとビニール袋に入れられて傷もなく良品です。


付属しているロングプレートの裏面です。
1/4UNF & 3/8UNF 所謂、細ネジ・太ネジ両方入っています。


表側のすべり止めゴムもしっかり付いています。
以前に購入した互換品 2,000円前後より、良くできています。


こちらは、純正のロングプレートで 8,000円以上しました。


ベースを純正プレートに付けてみました。
全く問題なく、付きます。


こちら側にはリリースボタンとパン棒用のネジ穴 1/4&3/8が
あります。


反対側は、ロックネジと水平器が付いています。


使い道は沢山考えられるかな?
ボール型の自由雲台にも簡単にベースが付きますから、車での
撮影用のベースが作れるかも?
一脚にはもって来いのパーツですね ^^


一般的な 2Way 3Wayの雲台にも付けられます。
これさえあれば、プレートをカメラ/レンズに付けておけば、定点での
固定撮影も可能かな?

使い道を考えてみます。
う~~ん 本当に届くなら、もう1つ注文すれば良かった。



| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=678 |
| 写真関連 | 06:52 PM | comments (0) | trackback (0) |
UFO?





天気が悪いので、短いレンズで遊んでみました。
UFOが着陸したように見えるかな?
ベランダの手摺についた水滴を写して反転させました。
Pentax K-3 /F 35-70mm



| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=672 |
| 写真関連 | 12:35 AM | comments (0) | trackback (0) |
レンズサポートについて
以前に2度ほど自作のレンズ(ヒップ)サポートについて
書きましたが、今も時々フィールドでどうなっているの?
など聞かれることがあります。
現在使っている物を紹介します。


プロミナー用のサポートです。
プロミナーに付属している三脚座を流用してた関係で
アルミのチャンネル 28x13.5mm にて作りました。


Nikon 500mm F4の三脚座は嵩が高いので、アルミの
フラットバー 30x3mm にて作りました。

どちらも大きなホームセンターなら、簡単に入手可能な
材料を使い 1500円前後ほどで作れます。


※ チャンネル/フラットバー 1,000円前後(2~3本取れます)
※ ユニオンソケット 13A 100円前後(カメラのフランジ外側と
  角の寸法 K-5/K-3 25mm以上にします。
※ カメラ側の穴はテレコンが取り付けられるように長穴に
  します。
※ ノブスター M6 100円前後のネジが入る部分は 6.2mm
  ほどしかなく、UNF 1/4 が入りませんので 6.5mm に穴を
  大きくします。
  6角のネジ頭は問題なく入ります。
※ UNF 1/4 50円前後はカメラ取り付けネジは、長めの物を
  用意して、カメラを取り付け寸法を合わせてカットします。

雲台に取り付けるプレートは Gitzo/Manfrotto/ザハトラー共通
ですから、Amazonにて、Gemtune 501PLongクイックリリース
プレート互換品
 2,200円(純正の1/3)を使っています。

カメラとレンズを一体化することで、ブレによる歩留まりも向上し
なにより、300mm以上の重いレンズ 誤ってカメラを持ってしまい
マウント(フランジ)の変形やレンズの二つ割れを防止できます。
難点は、付けたままだと大きくなってしまい、持ち運びが・・・
逆に直ぐに使えると言うメリットもあります。


| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=666 |
| 写真関連 | 12:37 PM | comments (0) | trackback (0) |
自作レンズ試し撮り その2
お茶漬け海苔の空き缶を利用した自作の望遠レンズ
実際にフィールドで試してみました。
何時もの1024サイズではなく 横を1280 少し大きくして
圧縮を余りせずにアップしてあります。


三脚座と伸縮ストッパーを付けて完成
「お茶漬け海苔缶」再利用のエコ望遠レンズ((笑))
今回は、AFに使用したジャンクレンズの絞りが生きていますから、
純正レンズ同様に AV/TV/TAVやISOオートに分散測光など
全ての機能が使えます。


まずは、任意の場所を Pentax K-5Ⅱ Kowa FL 500
何時もの使っている組み合わせです。


中央部のトリミング(横1920HDSize)は、普段通りの写りを
してます。


自作レンズで任意の場所を写してみました。
カメラは、約9年前(大昔?) K20D
中央部は解像をしていますが、周辺のボケが激しい感じです。
被写界深度の関係なのか? 原因不明です。


中央部のトリミング(横1920HDSize)は、問題なく解像します。


この位の距離で写したい~手ごろな距離です。
前の遠景と違い、激しい周辺画像の乱れはありません。


中央部のトリミング(横1920HDSize)は、そこそこに解像を
してくれるようです。


飛び物もAFの合焦範囲が狭いので、それなりに追いかけ
られますが、鏡筒の伸縮がスムーズでなく改良の余地あり
です。


背景のボケもいい感じかな?
オナガガモのお目々も写っています。

う~~ん デジカメの世界 3年ひと昔と言われますが・・・
約10年前のカメラを持ち出してもそれなりに写ってくれます。
メーカーの甘言に惑わされ、新型を追う必要があるのか?
考えさせられる結果になりました。




| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=652 |
| 写真関連 | 06:55 PM | comments (1) | trackback (0) |

   前の記事>>

PAGE TOP ↑