■ カレンダー ■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2017年06月 次月>>
■ お知らせ ■
■ 最近の記事 ■
■ ブログ カテゴリー ■
■ サイト メニュー ■
■ ダウンロード ■
■ 最近のコメント ■
■ リンク ■
■ プロフィール ■
■ その他情報 ■


■ POWERED BY ■
BLOGN(ぶろぐん)
04WebServer
   前の記事>>

ゼロ戦&DC-3 など
プロペラ機は難しいですね
被写体ブレを嫌ってSSを上げればプロペラ(ローター)が
止まってしまい墜落! 


マクドネル・ダグラス AH-64D アパッチ・ロングボウかな?
空抜け&光の角度がよろしくないです。


千葉市消防局 おおとり1号&2号のペア飛行


ブライトリングDC-3 今年建造から77年目を迎える記念
ワールドツアー 日本で見られるのは最後になると思います。




零式艦上戦闘機(零戦)こちらも飛んでいる雄姿を見られる
ことは稀になると思います。


日没間際で露出不足ですね




背面から


エアレースを海から観戦するクルーザー(繋いでも入りきれません)
こんなに沢山 お金持ちが・・・・


レースの様子です。
好天に恵まれ、のんびりと楽しみました。






| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=705 |
| 雑記 | 06:55 PM | comments (2) | trackback (0) |
衣替え
月日の経つのは本当に早い!
年齢とともに加速度的に時間が経過していく感じがします。

先日、望遠レンズしか持っていなかったので、出港する
「あすか」を撮り直してきました。


ラッキー? 順光にて撮影できました。


初夏の花、ヤマウツギ


ガクアジサイのようなヤブデマリ


マーガレットにウスバシロチョウ

さぁ 衣替えをしなくては

| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=704 |
| 雑記 | 10:00 AM | comments (0) | trackback (0) |
背後から 試験(護衛)艦あすか
渡りの遅れたシギチがいないかと海岸を徘徊 ^^;
フッと振り向くと背後から、大きな見慣れない船が
接近してきました。


こっれってもしかして? 海上自衛隊 ?
省力化やステルス化を目的とした艦載兵器実験艦のようです。


300mmのレンズしか持っていないので、直ぐに全体が
フレームに入らなくなってしまいました。




推力が大きすぎて、自力で桟橋につけることが
出来ないらしく、タグボートが方向変更を!
(バウスラスターは無いようです)
う~ん 潮干狩りの皆さん まさに背後からですが
意に介さず? 貝取りに夢中です。

| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=700 |
| 雑記 | 07:48 PM | comments (0) | trackback (0) |
初夏の家庭菜園
5月も半ばになり、夏並みの気温に上がる日も
この時期、夏野菜は生育が旺盛になります。


玉ねぎも先週あたりから、土が割れ始め玉ネギらしく
結球を始めました。~6月に収穫予定


ジャガイモも順調に育って花を咲かせ始めました。
7月の初めには収穫できるかな?


ナス科の植物なので、花はトマトやナスにピーマンなど
と同じ形で、色違いの花を咲かせます。
多くの夏野菜がこの科に属し、連作障害が起こります。


そら豆の鞘も、一気に大きくなってきました。
来週は食べられるかなぁ~~


近くの調整池のオシドリは一羽になったので、♀は
抱卵中かも~コンデジにて撮影



| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=695 |
| 雑記 | 09:56 AM | comments (0) | trackback (0) |
デジカメの復習 その2
Bitを振り返る前に撮像素子(CMOS)で受光する光の
強弱は(電圧の変化)アナログですから、デジタルに変換を
しなければ演算ができません。

AD(アナログ・デジタル)変換の一例です。
CMOSは光の強さによって抵抗値が変化しますから、この
特性を利用して、R1~Rxの抵抗によって分圧をし、基準
電圧と比較して、信号の有無(所謂デジタル)信号を取り
だします。(実際の回路を簡略化しています)
この分圧抵抗の数が幾つあるか?がBit数になります。

横道に逸れました・・・・ 本題のBitです。

表1はBit数と10進数の対応です。
この10進数で表される数値がカメラの階調(白~グレー~黒)
になります。
人間の目で認識できるのは10Bit(1024)階調だと言われて
います。
老いぼれの野良には無理だと思いますが・・・・

表2は光の三原色を16進数で表した数値で階調により、
00~FF(所謂8Bitカラー)で表されます。
何故に00~FFかと言えばコンピュータで扱うデジタル信号線の
数=8Bit CPU(Intl 80系4本)がもとになり、LSI技術の進歩に
より、現在は16Bit(x86)になり64Bitのデータを扱えるように
なりました。
要するに1本の信号線ではDataの有無(0,1)の2つしか扱え
ませんが4本にすることにより、256(8Bit)のデータを表すことが
可能になります。

表3は1~19までの10進数と16進数の対応です。
デジタル信号を扱う場合の表記は10進数でも「0x」のように2桁で
表すようにします。
10進数では 「09」の次が桁上がりをして「10」となりますが、16進
数では「15(0F)」の次が「10」に桁上がりをします。
お絵描きソフトなどで、色を作る場合は両方を使う事がありますから
要注意です。
16進数だと明確にするために[$]fffff や ffff[h]などと表現することも
あります。

で、デジカメの話に戻ります。
RAWで扱われるDataは12~14Bitの階調になります。
10Bit以上は視覚が認識できませんから無駄かも?
当初は8Bit(256色)でも綺麗なカラーだと思っていたのですが
近年はLCDの進歩により24Bitカラー8Bitx3(RGB)が表示できます。
そのカラー数は16,777,216色になります。

まとめ
Bitは、扱えるData線の本数(N)であり、扱えるDataは2のN乗に
なります。
単純に多ければ良いと言うわけではありません。
Bit数が多くなれば、処理に時間が掛かるし、Dataを収納するメモリ
(引き出し)も沢山必要になります。
8BitのCPUから始まったPCも現在は32(64)Bitのコアが一つのLSIに
複数つくられ、メモリはGBになり、HDDはTBになってしまいました。

次は、RAW/JPEGなどのファイル形式の復習をしようと思います。




| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=683 |
| 雑記 | 10:00 AM | comments (0) | trackback (0) |
デジカメの復習 その1
デジカメで撮影したファイル形式はRAWに限る!
いいやJPEGで十分だ! などなど よく分からなくなって
しまったので、昔を思い出して復習をしようと思います。

まず、撮像素子ですが CCDは殆ど使われなくなり、殆どが
CMOSだと思います。
で、CMOSって何でしょう?
MOS FET マニアックになりますが、バイポーラトランジスタの
欠点を補う形で登場した電界効果トランジスタです。
FETはバイポーラと比較すると入力抵抗がけた違いに高く、高速
トランジスタが作れます。
CPUやメモリなど現在のLSIなど殆どがMOSになります。
当初は、パルス(デジタル)用の演算回路として、TTLに比較して
低速でしたが消費電力が少ない素子として誕生しました。

これは、NOT(論理否定回路)の等価図です。
このようにNとP チャンネルFETにて構成されています。
CMOSセンサー(撮像素子)は、黄色い矢印(ゲート)に電気信号
ではなく、光を当てます。
光も電圧と同様にトランジスタの内部抵抗を変化させるので、
変化量を電圧(信号)として取り出します。


カメラのセンサーからRAW/JPEGのデジタルデータはどうやって
作られるのでしょう
レンズから入った光はマイクロレンズにて、再集光されR/G/Bの
フィルター(ベイヤー配列)を通過して、CMOSのセンサーに当たります。
センサーは色別が出来ませんので、3原色に分離して光の強さを
電圧に変換します。
入口は、デジタルではなくアナログなのです。

次にアナログ信号をADコンバータにてデジタルに変換します。
このADコンバーターの分解能が、12Bitだ14Bitだ 多い方が良い云々
になります。
ここで、返還された12/14Bitのデーターに撮影情報を負荷したデータが
RAWとしてファイルされます。~完全な生情報ではありません。
一方JPEGはカメラ内でRGB各8Bit(8x3=24Bit)のデジタルカラーデータ
として、ファイルされます。
このJPEGデータの生成を担うのが画像処理エンジンになります。

次は、Bitを復習しようと思います。

蛇足
今、世間を騒がせている東芝半導体 WDやアップルが何故に獲得を
したいのでしょうか?
真空管から始まった電子時代、基礎特許やノウハウを持っているのが
東芝なんですよね
そうそうSDカードなどの不揮発メモリの基礎も東芝ですから、アメリカも
他陣営に東芝半導体の技術やノウハウが紅組に流出することは如何
しても阻止しなければならないようです。


真空管とトランジスタが同居し、民生用のICが開発された当時の東芝の
ハンドブックです。(捨てられずに残ていました)
既にFET(電界効果トランジスタ)も商品化されており目新しい技術では
ありません。(低周波用 2SK30 高周波用 2SK19をよく使いました)
この後 TAxxxxアナログICに続いてTCxxxx TTLに続いてTDxxxxx
デジタルICが開発されCPUやメモリとして発展します。
このTH9013/9014が開発されたことによって、配線不要のオーディオ
アンプが簡単に作れるようになりました。
とても懐かしく、感動した若いころを思い出します。





| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=682 |
| 雑記 | 10:00 AM | comments (2) | trackback (0) |
ソメイヨシノは開花したのかな?
日本気象協会 tenki.jp を見ると千葉の桜は 50%開花と
なっているが・・・


散歩道や近所の道路沿いの桜は、蕾の色がピンクになり
始めましたが、枯れ木状態です。


こんな感じに色が付き始まました。


数キロの散歩道を歩くと何とか開花した花を見ることが
出来ます~開花率は1%未満でしょう


咲いている花を見つけるのが大変です。


可愛い花も咲いていました。

桜の開花には、もう数日かかりそうです。

カメラ Panasonic DMC-G6/レンズ Nikon 55mm F1.2
全てマニュアルでの撮影です。

| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=677 |
| 雑記 | 05:12 PM | comments (0) | trackback (0) |
ニホンノウサギ
季節の変わり目なので、変わった野鳥でも見られ
ないかと何時もの散歩道を徘徊していると


葦の陰で何やら動くものが・・・
ん? 耳が長いような。。。


姿勢を低くして、前進してきます。


立ち上がって、敵が居ないか? 周囲を確認 (@ @)


再び前進します。


画像では見難いですが、小さな水溜の水を飲んでいます。


飲み終わると近くに少しいましたが、藪の中に戻っていきました。

僅かに残った市街地の自然の中で、ニホンノウサギは逞しく
生き延びていたようです。
ノウサギは、子供のころに田舎で見た記憶が薄っすらと残って
いますが、まさか! 千葉の市内で見られるとはビックリです。

しかもブログタイトル まんまの野良ウサギに感動した鳥見でした^^

| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=659 |
| 雑記 | 09:33 PM | comments (2) | trackback (0) |

   前の記事>>

PAGE TOP ↑