■ カレンダー ■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2017年08月 次月>>
■ お知らせ ■
■ 最近の記事 ■
■ ブログ カテゴリー ■
■ サイト メニュー ■
■ ダウンロード ■
■ 最近のコメント ■
■ リンク ■
■ プロフィール ■
■ その他情報 ■


■ POWERED BY ■
BLOGN(ぶろぐん)
04WebServer
   前の記事>>

AFボーグ/AFプロミナー その5
しょぼいブログの中でも一番見て頂き、有難うございます。
今回で、AF化計画はお休みになりますが、あれこれ試し新しい
発見があれば、アップするかも?です。


画像だけでは分かりにくいので、イメージ図にしました。

実際のフィールドでの試写結果になります。
実用的なPentax F Zoom 35-70mm F3.5-4.5 AC No.3 +TC-14Bを
組み込んだアダプターです。


トリミングなしの順光での元画像をリサイズ


中央部分をピクセル等倍にて切り出し


Paint.Netにて、レタッチ(補正)をしてシャープ化
解像度不足かと思いましたが、カメラ内JPEG現像のせいかな?
まぁまぁの結果になりました。


トリミングなし逆光での元画像をリサイズ


中央部分をピクセル等倍にて切り出し
Kenkoのテレコンで気になったアオハロやフリンジが殆ど見られません。


Paint.Netにて、レタッチ(シャドー補正)をした
暗部を持ち上げると写っていることが何とか判別可能です。


曇り空(悪条件)での試写は 約1Km以上先の中継アンテナ?


中央をトリミングすると電線も判別可能です。


他レンズとの比較は Nikon Ai-s ED 500mm F4 公園のブランコです。
ISO 400 SS 1/1250


中央部のトリミングです。


ISO 400 SS 1/500 口径が小さく焦点距離が長い分だけ SSが低下
しています~露出が+気味に写るので 550mm F5.9 計算値通に
なっています。


Nikonより幾分か解像度が良い感じです。
重い!大きい!大砲と比較してもKowaは引けを取らない気がします。

どちらのパターンでも完ぺきとは言い難いですが・・・
自分的には満足のいく結果になったと思います。
テレコン無しの Pentax F Zoom 35-70mm F3.5-4.5 鏡筒短縮は
試写をしませんでしたが、クローズアップレンズの焦点距離が長い
(420mm)なので、ピント範囲が狭くなりますが写りは格段に良く
なります。

追記
葛西臨海公園のヘラサギを写しに行ったついでに、テレコン2段重ね


西渚から東渚 距離200m?
レンズの焦点距離:380mmx1.4(TC-14B)=550 x1.4(TC-14A)=770mm
換算画角=1150mmです


等倍にトリミングしてみました。
テレコン2段重ねても何とか識別可能な画像になります。


| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=667 |
| AFプロミナー | 10:00 AM | comments (0) | trackback (0) |
AFボーグ/AFプロミナー その4

左が標準アダプター TX-10 500mm F5.6 用です。
右がAFアダプター 550mm F5.9 付近なっていると思います。
標準アダプターをAFで使う場合は、この後に A-AFx1.7が付いて
850mm F9.5となってしまい、条件が良くないとAFが上手く作動せず
ファインダーも暗くなってしまいますが、焦点距離は稼げます。


前回も紹介しましたが、550mm F5.9 アダプターはNikon TC-14Bを
マウント側に埋め込むことにより、見かけの鏡筒を短縮して、AF
レンズに Kenko AC No3(330mm)を使い、AF範囲を広げています。


プロミナーへの接続のフランジ側です。
プロミナーのフランジ部分は、FマウントですがNikonのカメラが
取り付けられないように溝が切られています。
が・・・ 探せばあります。
古いNikonの接写用 中間リングのフランジが流用できます。
今回は、取り付け部分を知り合いに旋盤加工をして頂きました。


短い=明るいアダプターです。
左が TX-07 350mm F4 マニュアル専用です。
右が AFアダプター 400mm F4.5 付近になっています。
これまで、暗い場所でのプロミナーは厳しかったのですが、
このアダプターを使えれば、条件による制限が緩みそうです。


プロミナーへの接続のマウント側です。
こちらも Nikonの中間リングのフランジを使っています。
玉抜きに失敗した Penta F 70-210mmの残骸を眺めて、使え
そうな部分を流用しています。
フランジとの接続は、70-210のレンズ筒のネジ山を落とすと
Fマウントがジャストサイズで入ります。


カメラマウント側は特に加工をしていません。
鏡筒も 70-210mmのズームリングを流用しました。


とは言うものの一番 苦労したのは、このアダプターです。
限られた寸法(長さ)内に収め無ければならないからです。
しかもAF範囲を広く取るには、クローズアップレンズの焦点
距離の短い物を選択しなければなりません。

AC No.2(500mm) サイズ内に収まりますがAF範囲が狭くて却下!

Canon C-450 (450mm) 接続フランジを付けなければ、何とか無
限遠がでます。(フランジではなく被せ方式で作ってみました。
脱落しそうで、怖い・・・・)

スコープタウン Φ40 420mmも 35-70mm鏡筒を短縮すれば
何とか使えるだろうと短縮に失敗して、無残な姿になってしまった
Pentax F Zoom 35-70mmです。


一度の失敗に諦めきれずに何とか鏡筒の短縮にも成功しました。
Kenko SHQ x1.5 テレプラスにNikon TC-14Aを移植したテレコンも
問題なく動作します。


長らく使ってきた TX-05 + A-AFx1.7の組み合わせです。
A-AFx1.7 は皆さん苦労されているようですが・・・
レンズ側のフランジを外して、3番接点をOnにして、開放F値の
設定を行えば、F値も表示可能になり、分散 AF/AE以外 全ての
機能が使えます。(絞りは、物理的に存在しません)
設定方法は下記を参考にされて下さい。
Pentax PKマウントのPKAマウント化

今回 2種類のアダプターの見直しを行い、様々な焦点距離と明る
さでのAFが可能になりました。  AF 400mm F4.5~850mm F9.5
アダプターを持ち歩ば、プロミナー1本で何とかなりそうです。

最後になりますが、
AFボーグ/AFプロミナーのAF化に適した鏡筒は Pentax F 35-70mm
クローズアップレンズは 設定しようとする焦点距離により、
Kenko AC No.3(330mm), No.4(250mm), No.5(200mm) の
組み合わせで、アクロマートレンズをどれだけマウント近くに配置できる
かがキーポイントのようです。
AFレンズ(アクロマート凸レンズ)にて焦点距離が短縮されてしまい
ますから、AFボーグ(望遠鏡系)は対物レンズの焦点距離がなるべく
長いほうが良さそうです。
至近距離への対応はドローチューブの出し入れとズーム機能を活用
して、AFレンズを繰り出す事でもある程度可能のようです。

最終回は実際のフィールドでの試写結果を予定しています。



| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=663 |
| AFプロミナー | 10:00 AM | comments (0) | trackback (0) |
AFボーグ/AFプロミナー その3
今回は実際の設計を踏まえて検討をしてみます。


前回と同じに 35-70mmと AC No.3を使っての結果は
焦点距離 350mm F4.4 のレンズになり、鏡筒の長さは
415mmになることが分かりました。


同様に70-210mmの鏡筒を使うとどうなるのでしょうか?
鏡筒長が下のサンプル表の鏡筒長になるようにレンズ
間隔を増減します。
焦点距離 285mm F3.6 鏡筒長 347mm となります。
長い鏡筒のAFレンズを使うと焦点距離が短くなって
しまいます(その分明るくなります)
少しでも焦点距離を稼ぎたい野鳥撮影には厳しいですね


70-210mmは AFストロークも長く、ズームによる鏡筒長も
十分にありますから、No3でもある程度の合焦範囲をカバー
出来そうですが、試しに No4に変えてみます。
焦点距離 215mm F2.7 鏡筒長 267mm ともはや中望遠
レンズになってしまいます。

ここで注意しなければならないのは、鏡筒長=焦点距離では
無いと言う事です。
合成していますから、焦点距離より鏡筒が長くなってしまいます。
フィールドで見かけるボーグがやたらと長いのはこのためです。

計算結果(実際は何度も試行錯誤を繰り返しました)から分かった
ことは、AFに使う鏡筒(ジャンクレンズ)は短いほど扱いやすい
言い換えれば、目標としている焦点距離に近く作れる。

AFボーグとAFプロミナーの違いは、ボーグと違いプロミナーには
中間にフォーカスレンズが入っており、単純に計算が成立しない
ことと TX-10(90mm)の寸法内に収めなければ成立しません。


上が現在使っている35-70mmのAFユニットです。
下は、寸法内に収めようと35-70mmのシリンダーを短縮した
鏡筒で、暗い条件での明るさ確保用で、外付けでNikon TC-14A
にレンズを入れ替えたテレプラスが使えます。


こんな感じにシリンダーを短くしてAFレンズが沈み込むように
しました。
これで、スコープタウンΦ40 420mmを使い、やっと無限遠がでます。
AFレンズが420mmと長いので、AF範囲が狭くAFストロークも
短いためピントは正確ですが合焦に時間が掛かります。


こちらが現在のユニットです。
Nikon TC-14Bを内蔵させることで、見かけの鏡筒長を短縮
しました。
AFレンズもNo3(330mm)が使えますから、合焦時間も短縮され
合焦範囲も∞~20m程度までカバーします。
合焦範囲が広がるとマニュアルでの補助ピント合わせが減り
ストレスが軽減されます。


TC-14Bはサイズが大きかったので、組み込めるか?
ギリギリですが、何とか入りました。
このテレコン埋め込み方法は、AFボーグでも同様に出来、合成で
短縮された焦点距離をx1.4倍してくれます。

以前にも触れましたが、これまでの実験でどうしても納得が
出来なかったのは、Kenkoのテレプラスを信じてしまったことです。
安さに負けて、間違ってもKenkoテレプラスは、この用途に
は使えません。


古くてもNikon(たぶんPentax/CanonもOk?)の純正テレコンの
ユニットを抜き出して使うがポイントです。
Nikon TC-14A/TC-14Bはねじ込み式でユニットが取り出せます
から、扱いやすいです。

実験結果から、AFボーグ/AFプロミナーに使うAF鏡筒は短くて
AFストロークの長い物が使いやすいという結論になりました。

次回は、AFボーグ/AFプロミナー用に作成したAFアダプター類を
紹介します。



| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=662 |
| AFプロミナー | 10:00 AM | comments (0) | trackback (0) |
AFボーグ/AFプロミナー その2
Pentaxユーザー以外の方は使うレンズが違うと思います
ので、各社のレンズ分解記事などを参考にされて下さい。

今回は AFに最適な Pentax F-Zoom 35-70mm F3.5-4.5を
例にしました。


Pentaxの接点は外してしまうと復元するのが大変ですから
しっかりと養生をしておきます。
特に絞りリングを外してしまうと小さなボールとスプリングを
紛失して元に戻らなくなります。


マウント(フランジ)の内側に小ねじが3本あります。
ガードに近いネジは絞り解放時の位置決めですから、外さない
ようにします。
3本のネジを外したら、フレアカッター(黒色)を外します。


マウント(フランジ)を止めてある5本のネジを外したら、マウントを
水平に持ち上げて外し、裏返しにしておきます。


マウントを外したら、2番接点(フランジとレンズの接地回路)の
スプリングを丁寧に注意して外しておきます。


フォーカスリング(ギザギザ)は小さなドライバーで抉ると外れます。
スチールのリングを止めてあるネジは再組立て時の調整まで
触らないようにします。


絞り設定リングの下にある3本のネジを外すと、シリンダー(ヘリ
コイド)が前面にすっぽり外れます。
一番 内側のシリンダーに絞りと後玉が付いていますから、マイナス
ドライバーで2本のネジを外して、絞りごとを取り払います。

絞りは、ケラレの原因になりますから、取り払ったほうがベストです。
ついでなので、フレアカッターの裏側にある小ねじを外して、絞りの
連結バーと凸レンズの溝を回して取り払います。

作業が終わったら元に組見直しますが、前記の全面の四本のネジと
フォーカスシリンダーの間隔を調整して、最短時に噛まないように
調整して止めなおします。

次回は、実際に使っている AFプロミナーを予定しています。


| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=661 |
| AFプロミナー | 10:00 AM | comments (0) | trackback (0) |
AFボーグ/AFプロミナー その1
諸先輩方が知識と知恵を絞って考え出された AFボーグ
メーカー製の大砲に勝るとも劣らない解像度に誰もが
あこがれるレンズだと思います。
しかし、実際に試してみると中々に思ったような構成には
ならないで、このブログを訪ねて来られる方も多いようです。
今回は、その疑問解決の一助になればと、これまでに
試した結果を紹介します。

AFボーグ/AFプロミナーどちらも基本的な考え方は同じです。
要するに、対物レンズと撮像素子の間にアクロマートレンズを
入れ既存のレンズ鏡筒を利用して、アクロマートレンズを前後
させ、焦点距離を変化させることによって、オートフォーカスを
可能にします。
実験は Kowa PROMINAR 500mm F5.6 FL および 口径80mm
焦点距離 500mmのED対物レンズで行いました。


考え方は同じですが、視点を少しだけ変えた試算表です。
入力するのは、黄色いセルで、無色のセルは計算結果が表示
されます。
例は、天体望遠鏡の一般的な口径80mm 焦点距離 500mm
この組み合わせで、考えてみます。
フランジバックは各社 微妙に違いますが、ドローチューブやヘリ
コイドにて、鏡筒長が変化しますから無視して良いと思います。

一番の問題は、AFに使うレンズの鏡筒とAFレンズ(アクロマート
レンズ)の選択です。
AFレンズサンプルを見てみます。
Pentaxの純正レンズでジャンク品が比較的入手し易いレンズです。
ドローチューブやピントリングを操作せずにAFの範囲を広く取りたい。
選択肢は 70-210mmの12mmに分があるように思えますが・・・
鏡筒長が長いので、短焦点のACレンズが使ず、合成焦点距離が
短くなってしまいAF範囲が狭くなってしまいます。

次は 35-70mmの7mmです。
このレンズは、形状も小さく軽くて、分解(玉抜き)が容易です。
合成焦点距離 355mm F4.5のレンズになります。

28-80は絞り羽が大きくて、50-80mmの間は前玉に近い場所になり
絞りを殺さなくてもケラレの心配がありません。
残念な事にストロークが短いので、AC No.5などの焦点距離の短い
AFレンズを用いないとAF範囲が厳しいです。

35-105mmは AFレンズとして不向きです。

注)寸法はスケールでの計測で誤差があります。
ミニボーグ51FL 250mmのように焦点距離が短い単焦点の対物
レンズを玉抜き鏡筒に直付けして、フォーカスを取る以外は、
70-300mmのような長い鏡筒はAFに適していません。

Pentax/Nikonユーザーはカメラ内モータ駆動で前玉が前後する
タイプのレンズが利用できます。
Canon/SonyユーザーはAF化は無理かもしれませんが、マニュアル
でも考え方は同じです。

これまでの合成焦点距離を先に求めるのではなく、利用可能な
AFレンズ(鏡筒長)をキーに考える事にしました。

試算表は下記をクリックしてダウンロードして試されて下さい。
http://rabit26.dip.jp/07_files/AF計算.zip

次回は、改造が容易な Pentax F 35-70 の玉抜き(分解)を
紹介します。

| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=660 |
| AFプロミナー | 10:00 AM | comments (0) | trackback (0) |
AFボーグなどに最適なテレコンの改造
以前に所持していたKenkoのテレプラス Pz AF x1.5 SHQ 不注意で
落としてしまい、フランジが変形! してしまったので、レンズを
抜き出し、実験に使っていましたが、どうにも結果に納得できません。

倍率は x1.5 でなく、x1.4 なのはネットに書かれており、ケンコーも
x1.4 に型番を訂正したようです。
まぁ倍率はともかく、暗くなりすぎるのです。
Pentax 純正
HD PENTAX-DA AF REAR CONVERTER 1.4X AW を手に入れてから
テレプラスの必要性も無くなったので忘れていました。

悪条件でのテレコン比較はこちらをクリック

今回、友人のご好意でテレプラスを譲って頂き、再度試してみました。
判明したのは、明るさが Pentax純正は カタログとおり 1段階
SSが1/2 に落ちます。
なななんと テレプラスは SSが1/3に落ちてしまうではありませんか!
もともと逆光に弱く、画像もツブレぎみなのに明るさも・・・・
これまで、テレプラスのレンズユニットを使って、あれこれと試し、どうにも
納得が出来ない結果しか出なかった原因がやっと分かりました。


何時か何かの役に立つだろうとジャンクで入手したNikon TC-14A
見比べて、ノギスでフランジ間を計測するとテレプラスとの差は1mm以内!
あっ! これ いけるんじゃないか?

テレプラスのレンズは、ねじ込みですから、反時計方向に回すと外れます。
※ 個体によって、かなりきつくカニ目の溝がありますが歯が立ちません。
ゴムなどを当て傷つけないように注意して、プライヤーで回します。


初めて分解するNikonのレンズ さて! どうしたものか?
よーく 観察すると カメラ側のフランジの側面に 1.の小ねじがあります。
これを外すと2.の黒いカバー? ガード? が外れます。
レンズに鍔がついており、丸穴のカニ目レンチが入る仕組みです。
試しに、軽く回してみると、あっけなく外れました。

NikonのレンズユニットのほうがKenkoより一回り小さいので、アルミテープを
2周ほど巻いて、径を合わせてテレプラスに入れます。
鍔が当たり、外れることはありません。


レンズユニットを入れ替えたテレプラス
早速に DA*300 F4に取り付けて試してみると・・・
無限遠でのピントが合いません! しかも以前と同じ挙動不審!
他のレンズでも試してみるが、無限遠は出ません。
これは、NikonとPentaxのフランジバックの差によるものです。
鍔を取り払い調整すれば使えそうな気もしますが。。。。
ただし、Nikonのレンズユニットはフランジ面より出ますから、ミラーとの
接触に要注意です。
(DA* 300 F4 は純正以外のテレコンを受け付けないようです)

DA * 300 Fとテレコンの共用は、取り外しが面倒なので、AFプロミナーに
使えれば良いのです。
自作、AFユニットに取り付けてみました。
AFボーグと仕組みは全く同じです。


プロミナーに自作AFユニットのみで試した近くの木肌


レンズを入れ替えたテレコンでの画像


曇り空で条件は良くなかったのですが、実際のフィールドでのコミミちゃん

古かろうと流石にNikon 殆ど画質の劣化も無く、素晴らしい^^
SSの落ち(暗くなる)も Pentax HDコーティングよりは、若干 暗めかな?
と思われる程度で、全く気になりません。

残念ながら、Pentax用のテレプラスは生産中止になってしまいたが、
Nikon用は売られていますのでNikonでAFボーグにも使えると思います。
時折、ヤフオクなどで見かけますから、ボーグファンは買いかな?
NikonのTC-14Aもジャンクが出回っていますから、両方でも1万以内?
純正に比べると遥かに安価で改造できます。

テレプラスを提供して頂きました友に感謝感激! 有難うございました。


| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=657 |
| AFプロミナー | 10:00 AM | comments (0) | trackback (0) |
自作鏡筒のアイディア?
天体望遠鏡やPROMINAR 500 FL F5.6 AF化などに使う短い鏡筒や
アダプターを塩ビパイプを利用して加工していました。
サイズが限定され、切っても削っても細かい屑が出る! 静電気で
まとわり着く!
加工がし難いと鏡筒にはあまり向いて今いような気がします。

何か良い方法が無いものかとホームセンターを物色して回りました。


そうだ 薄板なら工作機械が無くても丸く絞れるのでは
0.3mmのアルミ板を一枚 購入してきました。


鏡筒の長さに合わせて、カッターで切ることが出来ます。
スプレー缶などの丸い物に巻き付けて、エポキシ接着材で張り合わせます。
ラインのように見えるのは、エポキシ樹脂が固まるまで、縛りつけた
アルミ針金の痕です。


一枚目は微調整に、計画寸法より長くしてあります。
無限遠が出るように一枚目をハサミで少しずつカットします。
この方法だと、ジャストサイズの軽くて丈夫な鏡筒が簡単に作れます。


左が、塗装をして完成した FPROMINAR 500 FL F5.6 AFアダプターで、
Pentax F 35-70 にエポキシ接着材で接着しました。
右が TX-10標準のアダプターです。
F(Nikon)マウントはジャンクのテレコンを切断して、再利用しています。

今回の方法だとmm単位までアジャストが可能になります。
AFレンズを変えたので、合焦範囲は狭くなってしまいましたが、その分
合焦精度が良くなった?焦点距離は以前より長くとれています。

時間を見つけて、試し撮りや焦点距離を計測しようと思います。

用途としては、小口径の天体望遠鏡の鏡筒やAFボーグの接続用鏡筒(天体
望遠鏡を利用したカメラレンズのAF化)などを作る際にお手軽だと思います。


| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=528 |
| AFプロミナー | 10:10 AM | comments (0) | trackback (0) |
玉抜きレンズのAFについて(AFリミットの実験)
安価・純正レンズが無い・ボーグの解像度に引かれて、などなど理由は
様々でも、ジャンクレンズを玉抜きして
クローズアップレンズをAFレンズとして使うと簡単にAFユニットが作れる
ことは、ご存じのとおりです。
今回、Nikon AF-s ED 500mm F4 を玉抜きレンズ(鏡筒)を利用して、
ペンタックスマウントに改造しての問題解決をあれこれ探ってみました。

【1】絞り羽の大きさが足りない~ケラレが生じる
 これは、物理的に無理なので、光路の中間位置に絞り羽がくるように
 することで、ある程度はケラレが小さくなり絞りも有効になりました。
【2】近距離と遠距離でAFエリアが動いてしまう
 近距離では前ピン、遠距離では後ピンになってしまいジャストピントが
 得られない。
今回は、2について試した事です。


画像 1:天体望遠鏡にクローズアップレンズを入れ、F値を明るくして
A-AF x1.7アダプターを使ってAF化~最初にやった簡易AFです。
画像 2:Kowa プロミナー FL 500 F5.6 に同じくAFしました。
画像 3:Kowa TX-10寄り短ければAF化が可能だろうと玉抜きレンズの
鏡筒を利用したAF化実験の入り口で何本ものジャンクレンズを完全
ジャンクにして試すことになりました。


これは、Canon/Nikon/Pentax メーカーを問わずボーグなどの天体望
遠鏡に玉抜きレンズの鏡筒を利用してのAF化の模式図です。
ここで、AFに使う鏡筒の可動範囲が大きければ、AFにてピントの合う
範囲が広くなり、ドローチューブを前後させることなく、ピントが合うで
あろうと考えれらす。
しかし、実際にはフランジ(マウント)バックの長さが規定されています
から、むやみに可動範囲を広くすると【2】の問題が発生するようです。
要するにドローチューブにて、大まかにピントを合わせて、玉抜きした
AFユニットは、補助にすると問題が発生しにくくなります。
たぶんですが、AF-Borgはジャスピンなら凄い解像だが中々に合わない
こんな話を聞いたことが有ります。
もしたかしたら、これが原因かもです。


そこで、考えたのがマクロレンズや大砲には標準的に付いている機能!
リミット機能です。
AFレンズは、前玉が稼働するタイプのレンズになりますから、この前玉の
可動範囲を制限してしまえば良いだけの事です。
改造したNiko AF-s ED 500mm F4 に Pentax 70-210mm F4-5.6 の組み
合わせの場合、近接~1.5mの距離だと問題が発生しにくいので、前玉を
取り付けたヘリコイドが1/4回転(約7mm)の移動量にて制限をする
ように制限リングを取り付けました。
(Pentax 70-210mm は、約20mm ほど前後します)

銀色のアルミテープは、ズームリングを固定するためです。
ズームリングを動かして、AFエリアを拡大しようとすると鏡筒長(光路長)が
変化してしまいますから、最適の状態になる長さでズームリングを固定して
AFレンズとフランジとの間隔(長さ)の変化を最低限にしました。

カメラ側のモーターはAFリングがストップすると(過電流を検知)逆方向に
回転をするしくみですから、手で押さえるなど僅かでも動くと無理に動こうと
して、カメラ本体を壊してしまいますから、キッチリとストップさせる必要が
あります。
こうすることで、ドローチューブなどの補助フォーカス装置を動かさなければ
なりませんが、かなりAFエリアのずれは解消されAFエリア(ピントの合う
範囲)が狭くなりますから、込み入った場所(枝被り)でのピント合わせが
楽になります。
しかも可動範囲を制限していますから、迷うことなく瞬速にてピントが合い、
AFx1.7と比較すれば格段にAFエリアが広くなり使いやすいです。

| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=488 |
| AFプロミナー | 10:00 AM | comments (0) | trackback (0) |

   前の記事>>

PAGE TOP ↑