■ カレンダー ■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2017年04月 次月>>
■ お知らせ ■
■ 最近の記事 ■
■ ブログ カテゴリー ■
■ サイト メニュー ■
■ ダウンロード ■
■ 最近のコメント ■
■ リンク ■
■ プロフィール ■
■ その他情報 ■


■ POWERED BY ■
BLOGN(ぶろぐん)
04WebServer
   前の記事>>

Excelで簡単売上管理
近くの公園を徘徊してみるが、野鳥の姿が見えない。。。。
暇つぶしにマクロを使わずに簡単に売上管理ができないかと
Bookを作ってみました。

個人営業やオークションの売り上げを管理する程度の単純な
機能しかありませんが、納品書~領収書までを50枚単位で
1ファイルに出来ますから、ファイル数が少なくなります。


登録画面です。
VBAを使ってフォーム化すればアプリのような見栄えになり
カッコいいのですが・・・
改変が誰でもできるようにシンプルに作りました。
1.登録する箇所は、塗りつぶしの無い白いセルです。
2.取引先の左にあるIDは予め「基本情報」に登録をした番号です。
3.消費税は伝票毎に設定が可能です。(無税~将来の10%)
4.管理番号[KY-00002]2行目のように品目1に「立替」と入れれば
 売上管理表の売上から除外されます。


「納品書」のサンプルです。~取引先と自社の項目を多めに取って
いますから、バランスが悪いですね
フォームは簡単に編集ができますから、自由に作られて下さい。
1.納品書と書かれた右端(日付の上)小さな[1]これを変えると「基本
 情報」に登録した自社情報が変えられます。
2.「納品書番号」1-50を直接入力またはUp/Downボタンで印刷する
 伝票を呼び出します。
3.「見積書」が必要な場合は、シートのコピーをして、題名などを変更
 すれば良いでしょう。


「請求書」のサンプルです。
納品書と同じように操作できます。


「領収書」のサンプルです。


「売上管理表」の取引先名に「取引先」+「営業所」が表示されます。
品目には、1番上の「品目1」+「品目2」が表示されますから、ここを
取引のタイトルにすれば分かり易いと思います。
登録画面で「立替」と「品目1」に登録をした金額を減算した結果が
「合計」に反映されます。


「基本情報」の登録シートです。
必要に応じて増減をして下さい。


下記からZIPファイル形式でダウンロードして下さい。
http://rabit26.dip.jp/07_files/uriage.zip

※追記
Excelの基本的な数式だけですから、パチンコや競馬の収益計算など
にも簡単に改変可能だと思います。
縦横変換は「登録シート」から「売上集計」に転記して「立替」を「立替
集計シート」で拾っています。
「管理番号」50番以降のシートは面倒でも「登録シート」の管理番号を
51番からに書き換えて下さい。



| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=601 |
| PC/サーバー | 09:44 PM | comments (0) | trackback (0) |
SSDのクラッシュとシステムイメージ
起動ドライブをSSD化することで、起動時間が大幅に
短縮され、Windows10も快適に動いていましたが・・・・
食事中に待機モードに入りそのままになってしまいました。


左は、1年ほどの使用でData構造が狂ってしまったKingMax
右も1年ほどの使用で、電源が入らなくなってしまったADATA
どちらも新品購入ですが、半永久的保障のはずが、どちらも
1年で、逝ってしまいました。
外れを引いたのか? SSDは短命なのか? 難しい・・・


ファイルのバックアップとシステムイメージは、3重に取って
いるので、HDDに変えて復元すりゃいいや ^ ^
気軽に考えたのが間違いのもと!

何度、システムイメージから復元を試行しても HDDを認識しない
ならばと[diskpart]コマンドで初期化するが、受け付けてくれない
BIOSのHDDモードをAHCIからIDEモードに変更するとすんなり
復元モードになりました。
しかし、復元されたはずのHDDから起動するとシステム異常!
諦めて、ISOイメージからのクリーンインストールをしました。


SSDにWindows10を移行させるためにシステムイメージを
取ってみると[CAPI2 イベントID513]エラーが続出!
このエラーは、Windouwsのバックアップをする際の権限不足で
発生するようです。


コマンドプロントを管理者権限にて起動して、権限の変更が
必要になります。
クリーンインストールした状態のコマンドプロントのプロパティを
開き、2か所にチェックが入っているようなら外します。

次に下記のコマンドを1行ずつコピペして、実行します。
------------------------------------------------------------------
Takeown /f %windir%\\winsxs\\filemaps\\* /a
icacls %windir%\\winsxs\\filemaps\\*.* /grant "NT AUTHORITY\\SYSTEM:(RX)"
icacls %windir%\\winsxs\\filemaps\\*.* /grant "NT Service\\trustedinstaller:(F)"
icacls %windir%\\winsxs\\filemaps\\*.* /grant "BUILTIN\\Users:(RX)"
icacls %windir%\\winsxs\\filemaps\\*.* /grant "BUILTIN\\Administrators:(RX)"
------------------------------------------------------------------
コマンドプロントを終了して、再起動します。

[CAPI2 イベントID513]エラーが無くなりましたので、試しに別の
HDDに復元すると問題なく起動しました。

色々とPCを使っての作業が立て込んでいるときのSSDクラッシュ!
快適だけどHDDの方が信頼性が高そうだし・・・
SDDを再導入しようか? 信頼のHDDのままにするか?
迷い中です。


| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=599 |
| PC/サーバー | 08:37 PM | comments (0) | trackback (0) |
Excel 便利なアドイン関数 Textcalc
Excel に入力した計算式がそのまま計算出来たら便利なのに
そんな思いを何度かした経験があります。
今回は、文字列を計算してくれるアドインの紹介です。


"A列"に入力した文字列の計算式を"B列"で計算します。
例えば、箱の容積などを計算する場合はとても便利です。


数式文字列計算アドイン Textcalc for EXCELを下記から
ダウンロードします。
http://homepage3.nifty.com/peace/textcalc/textcalc.htm
"LZH"形式で圧縮されていますから、ダウンロードした
ファイル①をクリックすると②のように2つのファイルが
入っています。
"readme"には、インストール方法や使用方法が書かれて
います。


"TEXTCALC"ファイルを[C:]ドライブの[Program Files]または
[Program Files x86]フォルダーの中にある[Microsoft Office]
[Office xx] xxはオフィスのバージョンによって変わります。
[Library]フォルダーにコピーします。


Excelを起動して、左上のリボンをクリックします。
③のExcelのオプションをクリックして、TEXT CALCアドインを
登録します。


「アドイン」を選択して「OK」ボタンを押します。


最初は「アクティブでないアプリケーション アドイン」に入って
いますので、選択して⑤「設定」を押します。


[TEXTCALC関数 Ver1.31]にチェックを入れます。

「OK」を押してアドインの登録が完了です。
「オプション」ウィンドを閉じ、一旦Excelを終了します。

次にExcelを使うと"TEXTCAL(String)"が使用可能になります。
使える数式などは[Rademe.txt]に詳しく書かれています。


セルの書式設定で文字列に設定をした[00x]のような表を作り
変えずに計算することも可能になります。

サンプル画像は"Excel 2007"です。
注)"TEXT CALC"アドインを登録していないPCにて編集を行うと
アドインが無効になりますから、複数台のPCを使われる場合は
使用予定のPCにアドインの登録をお勧めします。

| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=582 |
| PC/サーバー | 09:00 AM | comments (0) | trackback (0) |
Windows10へのアップデイトについて
無償アップグレードの提供期間 2016年7月28日が迫ってきました。
慌ててアップグレードして失敗しないよう、少し触れたいと思います。

1.事前準備
① 外付けのUSB HDDを用意する
② 現在の状態のイメージを必ず作っておく
③ 起動用のDVDを作っておく
④ データ消失の情報が多いので、データは必ずバックアップを取る
⑤ Windows LiveMailは使えなくなるので、アドレス帳や重要なメールは
 エクスポートしておく
⑥ マイクロソフトから、Windows10のISOイメージをダウンロードして
  クリーンインストールが出来るようにしておく
※ ISOイメージとは、CD/DVDの内容そのもののファイル形式です。
※ システムイメージやISOイメージは、トラブルが発生した場合に
  正常に動作した状態や初期に戻すため必要になります。

2.準備しないでやってしまったら
① うまく起動できた場合は、使う前に上記を試してみる
② 起動できない場合は、別のPCを使って上記⑥でDVD(USBメモリ)を
 使って、Windows10をクリーンインストールする
※ Windows7の場合はプロダクトキーが使えます
※ Windows8/8.1の場合はBiosと整合しますから、プロダクトキー不要です。
※ 認証が取れないPCは、海賊版のOSが入っていた可能性があります。
 Microsoftでの電話認証が取れたらラッキー^^

システムイメージの取り方など


Windows10が起動したら、画面の下部にあるタスクバー左下です
①従来のスタートボタンと同じ役目です。
②検索ボックス~ここに分からない語句を入れると検索できます。
③エクスプローラーが開きます。
④コントロールパネルが開きます。


コントロールパネルの見た目が変わっています。
従来のコントロールパネルを開くには、検索ボックスにコントロール
パネルと入力しますが、途中でもコントロールパネルが表示されます。


これは、従来タイプのコントロールパネルです。


Windows7バックアップツールを使ってシステムのイメージを作ります。


同じ画面から、起動用のDVDも作成できます。


DVDにイメージを作成すると枚数が多くなりますから、外付けのHDDを
指定します。


クリーンインストール用にMicrosoftから、Windows10のISOイメージを
ダウンロードして、USB/DVDにインストールデスクを作成します。

入手先
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
紹介記事などからリンクされているサイトからは絶対にダウンロード
しないで下さい(ウイルスなどが潜んでいる可能性があります)


やり方(参考ページ)
http://freesoft.tvbok.com/win10/installation/download_iso.html

PC/サーバーカテゴリーでも触れていますが、Dataの消失が多く報告を
されています。
※ 大切なDataのバックアップは必ず取られてください。
※ OneDriveやoffice365を使うとマイクロソフトに検閲をされますから
  重要(秘密)なDataは、上記を利用しないようにされて下さい。
※ アプリが大量にインストールされますので、うっかり有料のアプリを
  使わないように気を付けられてください。
※ 新しいブラウザMicrosoft Edge(エッジ)は完成度が低い?
  使いにくい気がします。
  IE11も使えますから、検索ボックスに「IE」と入力をしてみて下さい。
※ LiveMailを使われている場合は、別のメーラーが必要になります。
※ Webを検索して、やたらに設定を自分好みに変更しない
※ システムフォントがとても見難いと思いますが、変更はできません。
  フリーソフトを使った変更は下記の真ん中あたりに書いてあります。
http://rabit26.dip.jp/index.php?e=508


まだ、あるかもしれませんが・・・
外付けのHDDにDataのバックアップとシステムのイメージを取っておく
起動用のDVDを作成しておくがポイントです。
最初は少し使いにくいかもしれませんが、慣れの問題だと思います。

トラブルが起きる場合は、高速スタートアップが影響していることが
多いらしいので、高速スタートアップを無効にします。
参考ページ
https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=018214

不要なアプリを一括削除するには、パワーシェルを管理者権限にて
起動して、下のコマンドをコピペして実行します。
-----------------------------------------------------------

$l = @("Microsoft.XboxApp*";
"Microsoft.WindowsMaps*";
"Microsoft.MicrosoftSolitaireCollection*";
"Microsoft.BingWeather*";
"Microsoft.BingFinance*";
"Microsoft.BingNews*";
"Microsoft.Getstarted*";
"Microsoft.BingSports*";
"Microsoft.3DBuilder*";
"Microsoft.MicrosoftOfficeHub*";
"Microsoft.WindowsPhone*";
"Microsoft.SkypeApp*";"Microsoft.WindowsSoundRecorder*";
"Microsoft.People*";
"Microsoft.Office.OneNote*";
"Microsoft.WindowsAlarms*";
"king.com.CandyCrushSaga*";
"*Twitter*";
)

$l | foreach{
Get-AppxPackage $_ | Remove-AppxPackage -ErrorAction SilentlyContinue
}

----------------------------------------------------------------------

続き▽
| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=572 |
| PC/サーバー | 06:34 PM | comments (2) | trackback (0) |
野鳥用ユーザー辞書(IME 鳥名辞書)
Windows10にして困ったことは、折角学習させた野鳥の
「ひらがな」から「カタカナ」への変換です。
例えば「あめりかひどり」と入力すると「亜米利加日取り」と
執拗にも変換されてしまい、矢印キーとShiftキーを何度も
動かしながら、やっとの思いで変換をする事になってしまい
嫌気がさしてきました。
※IMEのユーザー辞書は全て同じですからWindows7/8でも
使えます。


このように第一候補に野鳥名が変換されるようにしたいのです。
そこで、野鳥用のユーザー辞書を作成しました。
※ワードに限らず、ネットの検索でも野鳥名に変換されます。


このページの下にある「野鳥用の辞書」をダウンロードして
下さい。
タスクバーの「A」または「あ」を①右クリックします。
ユーザー辞書ツール②左クリックします。


「ツール」タブから「テキスト ファイルからの登録」③を
クリックします。


ダウンロードした「野鳥」を選択し「開く」をクリック
※ファイルの場所は環境によって変わります。
通常はダウンロードフォルダーになります。


自動的にほぼ全ての野鳥名(765)が登録されます。


登録が終了すると一覧に反映されます。

こうすることで「亜米利加日取りを写して来ました」が
「アメリカヒドリを写して来ました」と変換されます。

http://rabit26.dip.jp/07_files/野鳥.txt
テキストファイルですので、右クリックをして「対象を
ファイルに保存」で保存してください。
※左クリックすると鳥名辞書の内容が見られます。

| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=570 |
| PC/サーバー | 05:19 PM | comments (0) | trackback (0) |

   前の記事>>

PAGE TOP ↑