■ カレンダー ■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2017年06月 次月>>
■ お知らせ ■
■ 最近の記事 ■
■ ブログ カテゴリー ■
■ サイト メニュー ■
■ ダウンロード ■
■ 最近のコメント ■
■ リンク ■
■ プロフィール ■
■ その他情報 ■


■ POWERED BY ■
BLOGN(ぶろぐん)
04WebServer
<<次の記事   前の記事>>

Excel 便利なアドイン関数 Textcalc
Excel に入力した計算式がそのまま計算出来たら便利なのに
そんな思いを何度かした経験があります。
今回は、文字列を計算してくれるアドインの紹介です。


"A列"に入力した文字列の計算式を"B列"で計算します。
例えば、箱の容積などを計算する場合はとても便利です。


数式文字列計算アドイン Textcalc for EXCELを下記から
ダウンロードします。
http://homepage3.nifty.com/peace/textcalc/textcalc.htm
"LZH"形式で圧縮されていますから、ダウンロードした
ファイル①をクリックすると②のように2つのファイルが
入っています。
"readme"には、インストール方法や使用方法が書かれて
います。


"TEXTCALC"ファイルを[C:]ドライブの[Program Files]または
[Program Files x86]フォルダーの中にある[Microsoft Office]
[Office xx] xxはオフィスのバージョンによって変わります。
[Library]フォルダーにコピーします。


Excelを起動して、左上のリボンをクリックします。
③のExcelのオプションをクリックして、TEXT CALCアドインを
登録します。


「アドイン」を選択して「OK」ボタンを押します。


最初は「アクティブでないアプリケーション アドイン」に入って
いますので、選択して⑤「設定」を押します。


[TEXTCALC関数 Ver1.31]にチェックを入れます。

「OK」を押してアドインの登録が完了です。
「オプション」ウィンドを閉じ、一旦Excelを終了します。

次にExcelを使うと"TEXTCAL(String)"が使用可能になります。
使える数式などは[Rademe.txt]に詳しく書かれています。


セルの書式設定で文字列に設定をした[00x]のような表を作り
変えずに計算することも可能になります。

サンプル画像は"Excel 2007"です。
注)"TEXT CALC"アドインを登録していないPCにて編集を行うと
アドインが無効になりますから、複数台のPCを使われる場合は
使用予定のPCにアドインの登録をお勧めします。

| http://rabit26.dip.jp/index.php?e=582 |
| PC/サーバー | 09:00 AM | comments (0) | trackback (0) |

<<次の記事   前の記事>>

PAGE TOP ↑